会員

2012ドガクスンジュク会員募集

写真: FPMT
FPMTの精神指導者、キャプジェ・ラマ・ゾパ・リンポチェの賢明で的確なご指導を頂き、ドガクスンジュクはその実現にむけ努力しています。

昨年度の実績はリンポチェのお加持と会員・ボランティアの協力の賜物です。お陰様でペンバ師とゲシェー・シェラブ師をお招きして、私たち自身がより深くダルマを学び、他の方にダルマと出会う機会を作ることができました。東京に限らず、大阪でも説法会を開催しました。お二方の来日により、放生会をはじめて開催し、その後もこのイベントは継続的に行われ、マニ真言マラソンも6カ月継続しました。月例のラム・リム勉強会では活発に意見交換がなされています。月2回の在宅読経会などにより、他者のためになる活動を続けています。

ドガクスンジュクはFPMTセンターとしては小規模ですが、親組織のFPMTは大きいので、他のセンターと共に活動して大きな利益を得ています。それにダライ・ラマ法王はFPMTの大切な指導者でいらっしゃいますから、DNSJを通じて法王とのご縁を強化することが可能です。例えば世界中のFPMTセンターと共にダライ・ラマ法王とゾパ・リンポチェの長寿祈願法要の施主となっています。マニ真言はオーストラリアのチェンレジ・インスティチュートのイベントで、私たちが唱えた490万回の真言も含め、功徳をゾパ・リンポチェと法王様に回向しています。7月6日の法王様の77歳のお誕生日は、FPMT北米センターが制定したCompassion Dayとして様々な慈悲行為が法王様にプレゼントされました。

これからもこれらの活動を続け、忙しい社会に暮らす人々のニーズを満たしたいと思います。今年9月には香港センターに便乗して先祖供養・家内安全祈願をコパン僧院・尼僧院の1千名の出家者に祈祷してもらいます。同じく9月にはニュンネ・リトリートを予定しています。台湾センターで通訳をしているデチェン尼に指導していただきます。10月にはペンバ師が再び教えて下さいます。週末2回のうち1回はリトリートで。今後の活動について、ご提案をお聞かせください。

DNSJの目標は志を同じくする者達が集い、修行し、互いに啓発し合い、他者のために働く、そんな場所になることです。長期計画の目標はキャプジェ・ラマ・ゾパ・リンポチェの望み通り、自前のセンターを持って騒がしい東京にあって、人々を啓発し静謐なよりどころとなることです。今般お招きしたマイトレーヤ仏像がその計画実現の因となって下さいますように。

以上これまでの活動をご紹介しましたが、活動を継続するためには皆様のご協力が必要です。そこでドガクスンジュクのメンバーになりませんか?というお誘いです。すでにメンバーになっている方はご継続をお願いします。ご協力いただければ、その利益は短期的に止まらず、何世にも渡って続きます。メンバーのカテゴリーによりプレゼントも用意しております。

サポートメンバー(年会費五千円) 主にセンターの維持費と(長寿)祈願の供養に使われます。

パトロンメンバー(年会費二万五千円) 主に教師の招聘費用に充てられます。現世も来世も常に教えと共にあるというすばらしい功徳を創出します。

生涯メンバー(25万円)DNSJの支援者としてゾパ・リンポチェの長期ヴィジョンであるセンター設立に協力します。 頂戴する会費は聖なる対象=仏教センターに対する布施行となります。布施は執着に対する強力な退治であり、同時に一切衆生のために悟りを得る因を作ります。お申込みをお待ちしております。

ドガクスンジュクのゆうちょ口座を以下にお知らせします。ご送金いただいた場合、その旨お知らせいただければ幸甚です。連絡

口座名: ドガクスンジュク
記号: 10010
番号: 41667751

銀行からの振り込みの受取口座に利用する時は下記の要領です。

店名: 008
店番号: 008
預金種目: 普通
口座番号: 4166775

  最後までお読みいただきありがとうございます。祈りと共に。
  ドガクスンジュク、ドク・オコナー拝

I would like to mention how urgent it is especially nowadays in this world to have meditation centers, Dharma study groups.
Actually that’s the most important thing in the world. Why?
Studying in the meditation center, learning Dharma yourself and giving the opportunity to others to do the same, inspiring each other.
You share your experience, your understanding of Dharma, meditation, and try to benefit others.
The change of action is Dharma; the change of attitude is Dharma.
And purifying past negative karma – only Dharma can do that

Kyabje Lama Zopa Rinpoche, France, 2003